「伏見城」は、1592年頃から、秀吉が隠居後の住まいとする為、伏見指月に築城が始められました。月見に適していると言う理由で、散歩の時に場所が選ばれ、梯郭式平山城で派手好みの秀吉らしい複合式望楼型五重六階の天守を持つ城です。 戦略的にも商業的にも場所が良く、伏見は東山から連なる丘陵の最南端に有り、南には巨椋池が広がり水運により大坂と京都とを結ぶ地に有りました。

築城は、1594年から本格的に始まり、普請奉行に佐久間政家が任命され、石材は香川県の小豆島から取り寄せ、木材は高知、秋田、山形からも調達されて、淀城からも天守や櫓が移築されました。聚楽第は秀次に譲っていましたが、彼が事件を起こし、切腹させられると、破却を命じた聚楽第からも建物が移築されて、当初の隠居する城と言うイメージではなく豪華な城となりました。

また、同時に城下町の整備も行われました。この時の秀次に対する過酷な刑罰と、無罪の妻子に対する仕打ちや、関与した大名にも厳罰が下された為、この遺恨が関ヶ原へつながって行ったと見られています。

城は3回に渡って築かれ、1回目の秀吉が伏見指月に建てたものを指月伏見城と呼び、それが1596年に起こった慶長伏見地震によって倒壊してしまった為、近隣の木幡山に再築されたものを木幡山伏見城と呼んで、ここで秀吉は終焉を迎えます。その木幡山伏見城は豊臣期の頃と、伏見城の戦いで焼失した後に、家康によって再建された徳川期伏見城に区別されて、城作りに凝った秀吉の城は豪華さが見受けられます。

秀吉の死後、遺言によって秀頼は、伏見城から大坂城に移り、代わって五大老筆頭の徳川家康がこの城に入りました。秀吉と違って質実剛健を信条とした家康は、質素に暮らしていたと言われています。関ヶ原の戦いでは、家康の家臣、鳥居元忠らが伏見城を守護していましたが、石田三成率いる西軍に攻められて落城し炎上、建物の大半が焼失しました。

籠城していた徳川家の家臣らが自刃した部屋の床板は、彼らの供養も兼ねて京都市の養源院、正伝寺などで天井板として再利用されたと言う伝説が有り、現在でも血天井として生々しい痕を見る事が出来ます。ただし、それを裏付ける資料が残っておらず、信憑性は定かでは有りません。余談ですが正伝寺の天井板は科学的調査がされ、その際、「人血とは確認できず」でしたが、「血液型は数種検出された」とする検査結果が報告され、推測では血ではなく汗の成分が検出されたとされています。

関ヶ原で焼失した伏見城は、1602年、家康によって3回目の再建をされ、1619年に廃城とされました。建物は分解され、二条城、淀城、福山城などに移築されました。伏見城の跡には、元禄時代ごろまでに桃の木が植えられていて、それから由来して、桃山と呼ばれるようになり、現代では、「桃山城」、あるいは、「伏見桃山城」とも呼ばれるようになりました。