「会津若松城」は1384年、蘆名直盛によって建築された黒川館を元に改築され、黒川城としますが、1589年に長い間敵対していた伊達政宗によって蘆名氏は滅ぼされ、黒川城は伊達氏の手に渡りました。その正宗も蘆名氏討伐には反対していた豊臣秀吉には逆らえず城を召し上げられてしまいます。 天守閣は1593年築、望楼型七重、1611年改築、層塔型五重五階と地下二階、1965年層塔型五重五階へと移り変わっています。

伊達政宗に代わって1590年に秀吉側近の蒲生氏郷が会津に移封され、その時に地名を若松に改称して蒲生群流の縄張りによる城作りを行い、本格的な天守閣が建築されました。城は「鶴ヶ城」と呼ばれ、現在でも地元では通称として親しまれています。城へ行くにはJR会津若松駅からバスで「鶴ヶ城まわり、鶴ヶ城北口」下車で着きます。バス停の名前も鶴ヶ城が使用されているほど市民には馴染みが有ります。

蒲生氏郷没後、その子の秀行が継ぎますが、家中騒動にて宇都宮へ転封、上杉景勝が入城、しかし、彼も関ヶ原で石田三成に味方した為米沢に転封、再び蒲生秀行が入城と目まぐるしく城主が変わります。しかし、秀行の子は伊予松山へ転封され、入れ替わりで松山から加藤嘉明が入り、その子の明成によって、現在の五重天守閣や大規模な石垣の整備、水掘の設置など城郭を整えました。

城は整ったのですが、まだ城主は変わります。1643年に明成は会津騒動によって改易され、石見へ隠居します。その後に徳川家光の弟、保科正之が山形から入城し、以後、維新まで会津松平氏の居城となりました。幕末には幕府軍の中心を担って奮戦し、戊辰戦争は別名「会津戦争」と呼ばれるほどの戦いぶりと勇敢さを見せ、新政府軍と一ヶ月以上の籠城戦を繰り広げましたが、ついに人智尽き降伏しました。

戦争で城は大破しましたが、焼失せず蒲生氏郷や加藤明成の設計が優れていた事を物語っています。また、近世城郭の中で実際の戦闘を経験した数少ない城の一つです。

しかし、明治新政府としては会津若松城をそのまま残しておく事が反政府へのシンボルとなると考え、また、城が大破していた事を理由付けにし、1874年に天守閣やその他の建造物を取り壊しました。現在の天守閣は、残っていた古写真から1965年に復元され、国内で唯一の赤い瓦が葺かれて郷土資料館となっています。さらに、2001年には南走長屋と干飯櫓が復元されました。

城内には千利休の息子、少庵が蒲生氏郷のために建てた茶室「麟閣」が1990年に再移築され、城に近い阿弥陀寺に会津若松城唯一の現存遺構として、御三階と呼ばれるかつて本丸にあった楼閣風の建築物が移築されています。

幕末から維新への嵐のような中を堪え忍び、会津兵の心の拠り所となって共に戦ってきた会津若松城は、今では静かに城下を見下ろしています。