「大洲城」は、愛媛県大洲市に有ったお城です。始まりは源平の頃の伊予の豪族河野氏が、ここに居城を築いた事からと言われていますが、本格的に築城されたのは、鎌倉時代に入った宇都宮氏の一族が行ったと言われています。

秀吉が四国を平定した後も、城主は入れ替わり、戸田氏や築城の名人藤堂高虎、賤ヶ岳の七本槍の一人、脇坂氏などが入りました。加藤貞安氏の後は世襲となって明治維新を迎えます。

城は肱川に突き出すように面している標高20mの地蔵ケ嶽に築かれ、豊富な水源が天然の要害となりました。城の本丸は多聞櫓に囲まれている四重四階の層塔型天守が台所櫓と高欄櫓を持つ連結式と呼ばれるものです。維新の廃城は免れましたが、1888年に老朽化と構造上の欠陥を理由に天守は取り壊されてしまいました。

2004年に大洲市市政50周年記念事業として木造での復元が提案され、設計図は無かったのですが、古写真は明治時代に撮影された北・東・西の3方向からのものが残っていたそうです。さらに、天守雛形と呼ばれる木組みの模型が残っていた事から、階段や柱の位置はもちろん、部屋の間取りなども知る事が出来た為、忠実に往時の姿とほとんど同じように復元され話題になりました。

復元工事には、地元の大工だけでなく富山へ宮大工にも応援を要請し、伝統技法に乗っ取って共同で進めたそうです。また、木造で復元するには紆余曲折が有り、天守は石垣から9.15m有った為、本来なら建築基準法で木造では認められない規模でしたが、当時の建設省(今は国土交通省)や県は建設を認めませんでした。

しかし、大洲市の2年にわたる粘り強い折衝を経て、保存建築物として建築基準法の適用除外が認められました。天守の復元資金には民間からの浄財が多く寄せられて寄付者の名簿は天守内にレリーフで残されています。このように城の復元には必ずと言って良いほど一市民の浄財が集まり、お城への敬意と関心の高さが伺えます。木造の天守は温かみが有り大洲市民の心の拠り所となっています。

大洲城の伝説としては、肱川に面している高い石垣が積み上げてもすぐに崩れて、なかなか組めなかった為、ついに人柱が立てられる事になりました。当然ながら誰もなり手が居ないので、相談の上クジで決められたのが「おひじ」という若い女性でした。

彼女は嘆き、せめて城下に流れる川の名前を自分の名にして欲しいと言い残して人柱にされました。工事は無事完了し、城下の川は肘川と呼ばれるようになり、城下も肘町と呼ばれるようになりました。大洲城が「比志城」とも呼ばれる由来でも有ります。