緑色の瓦に金の鯱が輝き、印象的な大阪城は、城普請が大好きな秀吉が建てた輪郭式平城です。日本三大名城の一つです。瓦は再建の時に重量を軽くするため銅が使われ、その当時は銅がきらびやかだったのですが、そのうち錆びて緑青が発生して今の緑色になっています。

豊臣時代は金箔の瓦で、それは見事だったのではないかと想像できます。別名「金城」「錦城」と呼ばれる由縁です。秀吉の印象が強い大阪城ですが、実際には大阪夏の陣で秀頼と淀君と一緒に炎上してしまい、永きにわたって支配した徳川家が再建したものを、更にコンクリートで1931年に復刻したものが、今の天守です。

天守の復刻には、当時の大阪市長、關一によって陸軍用地であった旧本丸一帯の公園化計画を推し進め、市民の寄付金を募ったところ、申し込みが殺到し、半年で目標額の150万円が集まりました。今の価値に換算すると、600億から700億円にもなります。城を思う市民の気持ちに支えられて、昭和の時代に復興した初めての天守です。

復刻に当たっての検証には、古文書の大坂夏の陣図屏風を基に、大阪市土木局建築課の古川重春が設計し、建築的時代考証の必要から文献を吟味し、各地の城郭を訪ね歩くほど熱心に取りかかりました。また、大林組が施工を行って、ホームページには「現代技術による豊臣時代の大阪城の復元と積算」で復刻の様子が詳しく解説されていて非常に興味深いです。

復刻した天守は、四階までは徳川時代風の白壁漆喰で、五階のみ豊臣風に黒漆に金箔と虎や鶴の意匠とされました。これには賛否両論有り、豊臣贔屓の土地柄のため、豊臣時代に統一するべきだとの意見も根強いです。家康は、豊臣時代の遺構を地中深く埋めて大きな天守を建てましたが、一つは豊臣時代からの脱却と、天下普請のため各国大名に費用を出させて、金銭面と人手の両方で大名が力を持ちすぎるのを防ぐ効果を狙っていたのです。

その後も改築は行われ、平成の大改修は1995年から1997年にかけて行われました。 耐震設計も施され、外観の塗り直しや瓦や鯱の金箔なども押し直しをされ、きらびやかな姿が戻ってきました。 また、2007年の塗り替えの時は、より豊臣時代に近い意匠が施されました。大阪の人々はきらびやかな大阪城と秀吉がセットになっているため、改修は非常に喜ばれ話題になりました。

豊臣時代・徳川時代の天守は、いずれも短い期間に焼失してしまいましたが、復刻された昭和の天守は、建設後、80年を越えて昔の姿の一部を伝えています。1997年には、国の登録有形文化財に登録されました。