愛知県犬山城

木曽川を臨む国宝 - 犬山城

現存する天守閣を持つ城

国宝犬山城は、1537年に木曽川沿いの高さ88mほどの丘陵に織田信長の叔父、信康によって建てられた平山城です。木曽川は流れが速く、丘陵は要害で有ったためこの地が選ばれたと言われています。 城下から見上げると丘の右寄りに鎮座していて、白い優美な姿を見せてくれます。 犬山城は日本最古の様式の天守閣を持ち、さらにそれが現存している国宝で ... more »

滋賀県彦根城

名君、井伊直政、直継がこだわった天下普請の城 - 彦根城

現存する天守閣を持つ城

彦根城は、滋賀県彦根市金亀町に有る城で、金亀山に建っている事から「金亀城」とも呼ばれます。天守、附櫓及び多聞櫓は国宝、城跡は国の特別史跡で、さらに琵琶湖国定公園第1種特別地域です。 明治に入ってからの廃城令を免れ国宝の天守、附櫓、多聞櫓の他に安土桃山時代からの櫓、門など5棟が現存し、国の重要文化財に指定されています。中でも馬屋は重要 ... more »

兵庫県姫路城

白鷺城の天守を支える檜を姫路市民で祝い引き - 姫路城

現存する天守閣を持つ城

姫路城は、別名「白鷺城」(はくろ・しらさぎ)でも有名で、日本の城に興味が無い人でも知っているほどです。姫路の名の由来は、天守の有る「姫山」の古名が「日女路(ひめじ)」と称されていたからで、「日女道丘(ひめじおか)」とも言いました。また、姫山には桜が多く植えられていた事から「桜木山(さくらぎやま)」転じて「鷺山(さぎやま)」と呼びました。 ... more »

青森県弘前城

東北地方で唯一天守閣の有る名城 - 弘前城

現存する天守閣を持つ城

弘前城は、別名「鷹岡城」(高岡=弘前の古名)と呼ばれ、1590年に津軽地方を平定し、さらに関ヶ原でも武功を挙げた大浦為信氏が始祖の、後には弘前藩主となる津軽氏二代目藩主の信枚が1610年に築城を開始しました。 司馬遼太郎が「日本七名城の一つ」と感嘆した北の名城です。 築城にさかのぼる1603年に、初代藩主為信は兵学者、沼田面松斎に ... more »

岡山県備中松山城

天空の要塞にて日本一高い場所に有る山城 - 備中松山城

現存する天守閣を持つ城

「備中松山城」は岡山県高梁市に有る、標高430mの臥牛山に建てられた重要文化財の近世城郭です。地元の人は臥牛山を「おしろやま」と呼んで親しんでいます。現存する天守を持つ12城の中では日本一の高さを誇るため、廃藩置県の時に廃城を逃れました。天守の他には二重櫓と土塀の一部が残っています。 岩村城、高取城と共に日本三大山城の一つに挙げられ ... more »

愛媛県宇和島城

築城の名手、藤堂高虎の最高傑作 - 宇和島城

現存する天守閣を持つ城

「宇和島城」は四国の愛媛県宇和島市に有った城で、江戸時代は宇和島藩の藩庁となりました。リアス式海岸の最深部に有る板島丸串城の跡に、地形の利を生かしながら築城の天才の誉高い藤堂高虎によって、1596年から6年かけて築かれた近世城郭です。 標高74mの丘陵と、山頂の本丸を中心に囲むように二ノ丸、北に藤兵衛丸、西に代右衛門丸などを巧みに配 ... more »

長野県松本城

信玄が愛した城・傾いた天守閣の伝説 - 松本城

現存する天守閣を持つ城

松本城は「深志城」と呼ばれ、また黒く塗られた外壁からか「烏(からす)城」とも呼ばれていますが文献に「烏城」の名は見あたりません。また「黒烏城」の別名も有ります。1600年頃から城の壁の板張りの上から漆喰を塗る”塗り込め“を行うようになり火矢などによる火災の防止が目的だったのですが、姫路城はその純白の漆喰から「白鷺城」という美しい名がつけら ... more »

愛媛県伊予松山城

松山や秋より高き天守閣 - 伊予松山城

現存する天守閣を持つ城

「松山や秋より高き天守閣」松山の歌人、正岡子規も多く歌に詠んでいる伊予松山城は「勝山城」「金亀城」とも呼ばれる1602年に築城された平山城で、姫路城、和歌山城と並ぶ日本三大連立式平山城に入ります。 高さを保った石垣と櫓の重なりが壮観な眺めで、総桧造りにこだわった天守閣も見事です。天守からは15万石と呼ばれた城下を一望でき、道後平野や瀬戸 ... more »

島根県松江城

宍道湖に千鳥が写る - 松江城

現存する天守閣を持つ城

「松江城」は別名「千鳥城」とも呼ばれ、島根県松江市に有る全国に12有る現存する天守を持つ城の一つです。輪郭連郭複合式平山城で、今でも「松江の祖」と市民に慕われる堀尾吉晴によって1607年頃から築城されました。天守は四重五階地下一階です。城の起源は鎌倉の頃に丘陵に築かれた末次城と言われています。 堀尾氏は1600年の関ヶ原の戦いで、東 ... more »

香川県丸亀城

讃岐の要塞、日本一小さな現存木造天守閣 - 丸亀城

現存する天守閣を持つ城

丸亀城は香川県丸亀市に位置する、全国で現存する12の木造天守閣を持つ城の一つです。 また、日本の名城100の内の一つで別名「亀山城」または「蓬莱城」とも呼ばれます。 その天守閣は1660年に完成し三層三階で構成された高さ12mの「日本一小さな天守閣」を持つ城です。しかし、石垣の高さは日本一で約60m有り、4段階に組まれていて「扇の ... more »

高知県高知城

山内一豊と内助の功千代が暮らした、幕末へ続く城 - 高知城

現存する天守閣を持つ城

「高知城」は高知県高知市に有る南海道隋一の名城と謳われる平山城です。関ヶ原の戦いで武功を挙げた山内一豊が掛川城から転封し、初めは長宋我部氏の居城であった浦戸城に入りました。しかし、浦戸は城下町を造るには狭い為、浦戸湾に面した要害の利が有る大高坂山に新しい城の場所を決めて本丸を造り、城下町を整備する為に鏡川、江の口川の治水工事も同時に進めま ... more »

福井県丸岡城

古式ゆかしい、笏谷石で瓦を葺かれた最古の天守閣 - 丸岡城

現存する天守閣を持つ城

「丸岡城」は福井県坂井市に有る、柴田勝家の甥、勝豊が築城した連郭式平山城です。1576年に築城された天守は、現存するものの中では最古と言われています。丘陵に位置し五角形の内堀、城郭に囲まれて本丸や二ノ丸が建てられました。 天守の屋根瓦は「笏谷(しゃくだに)石」と言う青緑色の福井県足羽山特産の凝灰岩で、この石を使った瓦は丸岡城だけです ... more »

人気の城