「福知山城」は、明智光秀が1579年に築城したとされる平山城で、城主は光秀から杉原氏、小野木氏、有馬氏、朽木氏で明治になりました。

織田信長に丹波の国の平定を命ぜられ、横山城を奪取し、福知山と改名して大幅な改築に取りかかりました。横山城が有った場所は、市街地を一望出来る福知山盆地の中央に位置する丘陵の先端地にあり、その地形の姿から別名「臥龍城」とも呼ばれます。

東から西に流れる水量の多い由良川が天然の堀となっており、北側には土師川と合流する標高40mの台地に築かれ、展望のよくきく地で要害の地でも有りました。夜になって、国道やJRの車内からライトアップされた城を眺めるのは非常に情緒的です。天守の建築構成は、安土城のを小規模にしたような形で共通する点が多いと言われています。

光秀の造った城の特徴で一番よく語られるのが、付近の社寺の墓石や様々な石塔を転用して石垣などに使っている事です。宝篋印塔、五輪塔の他に一石五輪塔、石仏、笠塔婆、石臼等、現在も石垣として使用されています。福智山城以前の横山城時代の山城や、その関係寺院、三岳山周辺の寺院を破却したとの伝承があります。

このように転用石を使ったのは、信長の権力に対する反感だと解釈される事も有るのですが、それは本能寺の変を起こした事からの印象も有り、真相はわかりません。

光秀は後世では逆臣と言われますが、領民に慕われていました。治めた各地で慕われ、今でも福知山の人々に特に人気が有る戦国武将です。中世までの福知山は、荒れる由良川の氾濫に苦しめられており、早急に城や城下町の整備を行い、由良川に堤防を築いて流れを変えるなどの治水対策は最重要課題となっていました。

光秀が統治した期間が約3年と短いにも関わらず、福知山で敬愛されているのは知名度だけでなく、治水に成功して城下に安定をもたらした事が大きいといえます。由良川に設けられた堤防は、「明智藪」と呼ばれ、福知山音頭には、石垣の材料を運ぶかけ声がさかんに謡われています。江戸時代からは御霊神社に祀られるなど敬慕されました。

また、山崎の戦いの後で暗殺されたと言われていますが、まことしやかに生存説が流布されるのも人気が有る証拠と言えます。光秀辞世の句「順逆に二門無し大同につく、五十四年の夢一元に帰す」

また、光秀の美貌の娘、玉は細川忠興に嫁ぎ、ガラシャ夫人と呼ばれました。本能寺の変の後、彼女は逆臣の娘となった為、細川家によって幽閉されましたが、秀吉の取りなしによって戻り、その後、ふとしたきっかけでキリシタンとして信仰を深めました。 彼女の辞世の句「散りぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ」から、光秀を彷彿させられます。